凡人-呑喰散歩き

鮨かじわら@根津でお昼のお手頃江戸前鮨

鮨かじわら
東京でおを、それも美味しいおを食べようと思うとお財布に優しくない。
だからボクんちはは出来るだけ地方に行った時にいただくことにして、東京ではよっぽどではない限り行かなくなっちゃった。
で。
今回伺った鮨かじわら@根津になぜ行こうと思ったかというと、もうかれこれ3〜4年前からプロスペクトリストに入ってたんだけど、やっと「行こう」と思わせるきっかけがあったから。
こちらのお店、お昼のおまかせ握り(9貫+玉)でなんと2500円という破格でいただける。
それは以前からよく知っていた。
でも、行こうと思わせるのは些細なきっかけだけだった。


八海山泉ピルスナー
八海山泉のピルスナー
まずは喉を湿らそう。
ビールはヱビスと八海山泉が。
各種地酒もそれなりに色々取り揃えてあるし、ワインもイタリアを中心に泡はフランチャコルタがあったりで「ほほう・・・」ってね。



ひらめ
ひらめ昆布締め
さ、おまかせ握りのスタートはひらめの昆布締めから。
うん。いいですね。
おいしい。


たこ
たこ
続いてたこ。
かじわらさんの握りはシャリが小さくてとても上品。
この辺はとても我が家好みである。




さば
さば
これ!
これは美味しい鯖だったわ。
この日の中で一番だったかも。



白魚
しろうお
しろうおはこちらの名物握りというべき一品。
軍艦の上に束ねた白魚。
そしてその上にうずら玉子の黄身を乗せられている目み麗しい握り。
もちろん名物あだけあって実にうまい。
この値段でいただけるのは嬉しいね。


げそ
げそ
げその握りには甘い煮詰めが塗ってある。
ボクはこのボイルしたイカゲソにツメをつけたヤツをツマミに呑むのが大好きなんだよね。
街場の寿司屋に行くときは結構お願いするんだけど、最近はとんとご無沙汰。。。



鮪あかみ
まぐろの赤身
本鮪の赤身だそうです。
・・・今一つ印象に残ってないなー。
ま、この値段で凄い鮪なんて期待してないけどねw。



ほたて
ほたて
ホタテはピンクペッパーが振ってある変わり種。





しらこ
しらこ
ほんのり温かな白子の軍艦。
季節物だね。
白子は鮨で食べてもやっぱり美味しいよね。



穴子とぎょく
穴子と玉
最後に穴子と玉が出ておしまい。
玉子はあまり印象に残らないタイプだった。
穴子は如何にも江戸前仕事なフワトロ穴子で素晴らしいうまさだった。



お椀はあら汁
お椀はあら汁
あら汁をいただいてお昼のおまかせ握りは幕を降ろすワケです。

そんな鮨かじわらさんでした。
東京でこのプライスタグでこのクオリティの鮨はなかなかないと思われます。
少なくとも、このお店の雰囲気の中でお鮨を食べられるのはそうそうないと言い切れるでしょ。

回転寿司しか行ったことなくて、対面で握ってもらうお鮨やさんの敷居が高く感じている人などはこちらのお店から始めるのもいいかと思いますよ。
少なくとも、後悔はしないと思います!!
ただ、満腹を求める人には完全に不向きなので予めw。


にほんブログ村 酒ブログへにほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ

鮨かわなみ@十条 町場のお鮨やさん


町場のお寿司やさんにふらっと行くのもまた楽しいもので。
でも、がっかりしたくないからある程度は下調べしてみたりします。
そして巡り会ったのは鮨かわなみ@十条さんであります。
十条銀座のメインストリートを一本はずれた道にこのお店が現れてきます。
外観をごらんの通り「ザ・町場」って感じでしょ?
ショウケース越しの対面販売もしてるし。
とっても昭和な佇まい。



店内はカウンターが5〜6席程度かな。
もの凄く狭い。
ボクらが行った時はそのカウンターに常連さんとおぼしき先客1名様。
吞みながら摘んでいらしたね。




キリンラガービール大瓶
まずは何はともあれビールをいただきます。
おつまみを切ってもらうか、握ってもらうか。
ビールをすすりつつ嫁さんと相談。
初めての店だし、ここはおきまりの特上にしてこうということに。




大とろと烏賊
おきまりでも下駄に盛り込むのではなく、つけ台に出してくれます。
まずは鮪の大とろと烏賊を。
うん。美味い。




雲丹といくら
順番は考えられて出されてるのか、手元から近いものから出てきてるのかわからないけど、味の濃いネタが続く。
でもコレもなかなか。
馬鹿に出来ない美味さ。




中とろ、甘海老、玉
この中トロは絶品だったね。
甘海老はまぁ、どこで喰ってもこんな感じだしw。
玉はシャリが少しのタイプで町場っぽくないw。




白身
白身はなんだったんでしょうか?
大将、なんにも云わなかったw
紅葉おろしが載ってたし、たぶん平目かな。
ってか、こんな終盤になって白身ってのがフリーダムな感じで。




鉄火巻き鉄火巻きはとろ鉄火だったよ。




お澄ましお椀はお澄まし。
コレでひと通り。
おきまりの特上でプライスタグは1580円と非常にリーズナブル。
回転寿しに行くなら全然こっちの方がいい!!
滞在時間はわずかに20分程。
ファーストフード感覚だねw。
また来たいと思います!!




ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
店名 かわなみ鮨
TEL 03-3907-4888
予約可
お店を訪問した事の無い方の予約はあまり受けていないです。
基本予約は少人数で、金土日月は予約は難しい。(地元の常連さんが多いので)
電話する時間は、ランチタイムは避けた方が無難(忙しくしてるので)
住所 東京都北区上十条2-22-10
営業時間 11:30~14:00   16:00~20:00(LO19:30)
ランチ営業、日曜営業定休日 木曜日、第三水曜日

寿司 和@戸田でランチちらし


ご近所お寿司ということで、寿司 和@戸田です。
戸田の市役所前にありますよ。
戸田に越して来て7年近くなりまして、近所なのに中々敷居の高かったお店に嫁さんが先に一人で突撃したとのことで、後日ボクも連れて行かれました。


キリンラガー
お昼こそビールでしょ。


お通しは枝豆
結構たっぷりの枝豆。


小鉢三種はサラダ、お新香、肉じゃが
小鉢も結構なボリュームで腹減らしな人には嬉しいでしょうけど、我が家にはちょっとtoo much。



ランチちらし
そしてメインのちらし寿司。
いかにもな場末感漂うというか、町場のお寿司屋さん然としてますね!
この、いかにも冷凍物の鮪とかね。
でもラインナップだけは結構豪華。
たこ、穴子、鮪赤身、青柳、鰤、鰺、帆立、鯣烏賊、蟹足、焼きたらこ、玉子焼き、干瓢。



蛤のお吸い物
お吸い物まで付いて800円。
お昼には中々お値打ちかとも思うけど、出前ならまだしも再訪はどうかな。
ボリュームだけは高評価かもw。
ごちそうさまでした。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

寿司 和
048-443-2600
埼玉県戸田市上戸田4-6-5

よし佳@浦和 春のよし佳


よし佳@浦和 春のよし佳ということで。
今年は四半期に一度程度は訪れようと決めております。
週末のランチはおまかせ1本で4200円というハイコストパフォーマンス。
大将のトークと言うか、駄洒落を許容できるかどうかにかかるけどw、いいお店ですね。
埼玉でナンバーワンは揺るがないでしょう。




ヱビスビール
まずはビールを頂きますと・・・




佐賀 白バイ貝
程なくバイ貝をさっと煮た先付けが。
ヒモも肝もうまい。





明石 蛸の柔か煮
写真にはないけど三陸 大トコブシ定番の蛸。
これにはわさびだけつけて。





まさに文字通り珠玉。
ほんのり温かで供され、これもわさびと共に。
またも写真なしだけど知床 帆立貝 氷〆を塩だけで頂く。
甘みが際立つ。
知床はなかなか手に入り辛いんだそうですよ。
この辺で燗酒にスイッチ。




初鰹 酢漬け山芋のおろしとなめたけ
個人的に鰹が大好きなのでこれは嬉しかった。
そして、よし佳ではお馴染みのこの山芋おろしの食べ方ね。
鰹って生姜とかニンニク醤油で食べるイメージだけど、これもなかなかなもん。




蕨のお浸し
「西川口産です」という埼玉限定の冗談と共にw。




酒肴四点盛り滑川 蛍烏賊三陸 ほや自家製本物の絹ごし豆腐鯛の真子煮
さて、おつまみの終盤。出色の絹ごし豆腐。
大将曰く「こればかり褒められると鮨屋としては複雑w」とのこと。
そりゃそうだw。
そして蛍烏賊。
画像ではわかり辛いけど、一般的な蛍烏賊の1.5倍位あるよ!
もちろん美味い!!





鮪角煮 その煮こごりと共に 滑川 白海老
この前の皿の鯛の真子もそうだけど。
この鮪の角煮。嫁さんと一緒に「白ご飯が欲しくなる」と無粋にも言ってしまったw。
これもお鮨屋さんではアレですね。
白海老ももちろん素晴らし!
おつまみはココまで。
酒飲みには嬉しい少量多皿。
昼飲みに最高です。





直江津 槍烏賊
さぁ、ココから握りです。
まずは春の槍烏賊。





山口 細魚
細魚もまた春の魚ですね。
おいしい。





熊本 小肌
小肌は嫁さんの苦手食材だった(アレルギーと思っていた)けど、そうでないことがわかってからは大好物になってしまったらしく、この日の一番だったそう。




明石 真鯛
白身は鯛。皮目が美味い。




長崎 伊佐木
伊佐木もまた皮目がゼラチン質で美味いんだよね。
塩焼きの伊佐木食べてないなー。





白魚の酒塩
手ずから頂く白魚。




和歌山那智勝浦 本鮪赤身
怒濤の鮪三連発!
まずは赤身!




和歌山那智勝浦 本鮪中とろ
そして、中とろ!!




和歌山那智勝浦 本鮪大とろ
トリは大とろ!!
最後にお吸い物を頂いて〆になります。
ここからお好みでもお願いできるのですが、すっかり満腹。
小腹程度でも余裕があれば、巻物を頼みたいところでしたが。
いやいや、満足です。
夏前にまた。
ごちそうさまでした!!




ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

よし佳
048-886-8988
埼玉県さいたま市浦和区東仲町28-23
[月~木]【夜】第1部18:00~20:00 第2部20:00~22:00
[金・土・日]【昼】12:00~14:00(要予約)【夜】第1部18:00~20:00第2部20:00~22:00
ランチ営業、日曜営業
定休日月曜日
http://members3.jcom.home.ne.jp/sushi-yoshika/

魚力@渋谷東急Food Show


魚力@渋谷東急Food Show
嫁さんが数年前からここに行きたいと煩くてね。
あまりにも煩く言うからたまりかねて訪問。
そもそも僕は、デパ地下イートインってのが多いに気に入らないんだけど。

鮨なんてのはささっと食べるべきとはいえ、イートインで後に並ぶ人のプレッシャーから盛り込みの鮨をかっ込む格好になるのが嫌でね。

まぁそうはいっても。
まずは生ビールをお願いして・・・。

厳選生ネタ寿司をオーダー。
北海道 きんき湯引き
北海道 活ツブ貝
北海道 活〆あいなめ
神奈川 活〆金目鯛
高知 生あおり烏賊
千葉 活ほうぼう
米国 生雲丹
北海道 生帆立
大分 生本鮪中とろ
大分 生本鮪大とろ



んー。どれもこれも平凡かそれ以下。
期待値が高過ぎたか。




うるさかった嫁さんも閉口気味なのでまぁ、そういうことだろうね。
不味くはなかったけど、美味くもなく。
特筆するべきものは何もなし。
再訪はなしです。




ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

海鮮 魚力 渋谷東急東横店
03-5428-3813
東京都渋谷区渋谷2-24-1 東急百貨店渋谷東横店西館 B1F

営業時間10:00~21:00
ランチ営業、日曜営業 不定休(東急に準ずる)
http://www.uoriki.co.jp/tenpo/index.html


このカテゴリーに該当する記事はありません。