凡人-呑喰散歩き

鮨香坂@東比恵 地方に来たら鮨を喰うのが我が家の慣わし

鮨香坂
ここんとこ、地方に行った時くらいしか鮨を食えわなくなったね。
今回も博多旅を締めくくるのはお鮨ってことで、鮨香坂@東比恵さんにお邪魔してきた。
地下鉄に乗れば博多からひと駅の場所にあるこちらのお店なんだけど、滞在したホテルをチェックアウトしてしばらく時間もあるってことでのんびり散歩がてら歩いてみた。
春の日差しが気持ちいい日だったっけね。

てくてくと歩くこと20分ほどかな。



しつらえ
旅の計画の初期段階で鮨をどこで食べるかを考えていたんだけど、今回はどうしても夜の時間帯に組み込むことだができなくて結局最終日のお昼になっちゃった。
福岡空港は市街地から至近だからすごく余裕がある。
これって福岡が好きな理由の中でも大きなファクターだよね!

お店に入るとカウンター席の真ん中に案内される。
旅行鞄を持っていたせいか・・・
「旅行ですか?」
「ええ。でももう帰るんです。これから空港に向かう道すがら寄らせてもらいました。」
なんてやりとり。



ヱビスビール
ヱビスビール
先ずはヱビスビールのボトルをいただき、散歩で乾いた喉を湿らす。
昼の握りコースはつまみなどはなくて鮨だけのコースで3240円なり。




お昼のコースの始まりは鯛から

始まりは鯛から。
九州は白身至上主義だからね。
うまい。




勝浦産本マグロ背トロ
勝浦産本マグロ背トロ
和歌山は南紀勝浦産の本鮪。
この辺はさすがは鮨屋の魚ってトコロだろうか。
ちょっと魚のうまい割烹料理屋なんかの魚とは一線を画す。



槍烏賊は塩と酢橘で
槍烏賊は塩と酢橘で
烏賊の握りは何と言っても柑橘が非常によくマッチする。
いつからか、この食べ方こそ烏賊の最良と信じるようになったね。




鯵は生姜と小葱
鯵は生姜と小葱
ふむふむ。
味は鯵なり(逆だっけw?)とはよく言ったもんで。




唐津産赤雲丹といくら
唐津産赤雲丹といくら
九州って実は結構な雲丹どころなんだよね。
北海道ばっかりにスポットライトがあたりがちだけどさ。
幸せの相盛り。




茶碗蒸し
茶碗蒸し
茶碗蒸しで一息。





蛸はごま塩で

火の通りも淡いタコさんはごま塩をぱらりで。
タコもやっぱり塩が美味いよね。
そしてあの吸盤の食感がね。




サヨリは色々な甘みを加えたという練り梅とともに
細魚
サヨリは色々な鰹節や昆布やなんやかんやの旨味をを加えたという練り梅とともに。
爽やかです。



鰆は皮目を炙ってある

鰆は皮目を炙ってある。
脂ののりも程よく、よろしい1貫だった。




穴子は甘みの少ないツメと山椒で
穴子
穴子は甘みの少ないツメと山椒で。
江戸前スタイルの穴子のようにほろほろに煮たものではなく、歯ごたえの残る仕上がり。
これはこれでよろし。



広島菜の手巻き
広島菜の手巻き
広島菜ですか・・・。
九州だから高菜だろって思いがちだけどね。
上品な酸味と塩味であります。



鮨香坂の大将は若いのに凛とした佇まい
鮨香坂の大将は若いのに凛とした佇まい。



玉は・・・あまり印象に残ってないw

玉は・・・あまり印象に残ってないw



あまおうを頂いておしまい
菓子
あまおうを頂いておしまい。

そんなお昼のお鮨でありました。
ほんと、最近は地方に行ったときぐらいしか鮨を食わなくなっちゃったなー。
もうちょっと頻度を上げて地元の良い鮨屋に行きたいところだけど、それ以外の選択肢が優先しちゃうんだよね。。。

美味しいお鮨でした。
ごちそうさまでした。

これにて博多旅2015春編、終了!


にほんブログ村 旅行ブログへ

因幡うどん@博多一番街でこの日も朝うどんで麺4食連チャン

海老天肉うどん1
博多旅最終日の朝ごはん。
1日目の夜こそご飯を食べたけど、その後はラーメン〜うどん〜ちゃんぽんと麺三連食。
そしてこの日の朝もうどんを食べるため博多駅の食堂街へ。
因幡うどん@博多一番街へと馳せ参じた。




朝メニュー
朝メニュー
うどんやさんもラーメン屋さんも日曜の朝となるとチョイスがぐっと少なくなるね・・・。
そんな中見つけたのはやっぱり駅構内のお店ってなっちゃった。
朝7時からやってるよ。
で、朝のお品書きってなってるけど、多分昼もそんなに変わんないんじゃないかなw?



メニュー
English Menuもある
英語のメニューもあるのが観光拠点になりがちな駅ナカ食堂という感じを醸す。



海老天肉うどんとかしわ飯
海老天肉うどんとかしわ飯
前日のうどん平で品切れてて食べ損なった海老天と肉の相盛りに。
かしわ飯もつけちゃうのがやっぱり博多流だろね!



やくみ
薬味
薬味は一味と七色。
使わなかったけど。



ネギ入れ放題
ネギ入れ放題
埼玉県民なら百歩ラーメンを想起してしまうようなwネギ入れ放題。
品が悪いからあんまり沢山入れないようにしましょう。
百歩なんかでたまに見るザルのネギ全部入れちゃうやつとか、ボクは軽蔑するもんね。




どさっw
どさっw
でもこれくらい入れてもいいっしょ?



かしわめし
かしわめし
そして福岡と言えばかしわ飯。
出汁がらの昆布も箸休めにちゃんと食べる。
久々のお米ちゃん。
しみじみ美味い。




リフトアップも手ブレw
リフトアップ!
手ブレwww


そんな感じの朝ごはん。
名残惜しいけど博多旅も終わりつつありまする・・・。

にほんブログ村 旅行ブログへ

玄海@天神 教えてもらった天婦羅屋台で2日目の夜は更けていく

玄海外観
ノエル兄貴のライブからもつ鍋を経てやって来たのは、美味しいもの大好きな友人にハードプッシュされて楽しみにしてた天神の屋台。
そこは天婦羅専門屋台玄海@天神です。
西鉄バスに乗って親不孝通りの入り口、舞鶴交差点のところにある屋台激戦区。
ちょうど二人分の席が空いてて、お邪魔しますよ、と。
飲み物をお願いして向かいにあるホテルモントレーでトイレを拝借w。




黒伊佐錦水割りと天つゆ
黒伊佐錦水割りと天つゆ
軽く一杯ひっかけてきてるけど、ここで仕切り直しは黒伊佐錦。
天つゆには最初から大根おろしが入ってるのね。





お父さんとお母さん
お父さんとお母さん
老夫婦のお二人で切り盛りされてるようですね。
お客さんとの会話を楽しみながらも次々に天婦羅を揚げていく様は職人のそれだね。




お品書き
お品書き
品書きはご覧のような感じ。
ボクらは初めての来店なので勝手がわからないから、ここは定石通りお任せの盛り合わせをお願いする。




鱚・イカ・鷄ささみ・甘鯛
鱚・イカ・鷄ささみ・甘鯛
一つ食べたらまた一つ・・・って感じではなく、まずは動物系のネタをポイポイと揚げて出してくれた。
このあまりにも白い揚げ上がりをみればわかる通り、使われてる油は使い回しの古いものではなく、新しいものなのだろう。
そして、この屋台に入った時にすぐ思ったんだけど、油臭さがないんだよね。
椅子やカウンターもヌルヌルしてないし。
天婦羅屋台なのにこれはすごいね。





明太子のしそ巻き
明太子のしそ巻き
そしてこいつ。
これが目当てだったっても過言ではない。
メニューにない裏メニュー。
でも初見でも言えば出てくるから寺門ジモンの常連めし的に言えば「1J」だねw。




いんげん
インゲン
続いて野菜が次々に。
まずはインゲンさん。



玉ねぎ・なす
玉ねぎ・なす
ひと巻きずつが分厚い新玉ねぎの甘さが際立つ玉ねぎとしっとり美味しい茄子。
あと幾つか出た気がするけど、画像もないし割愛ってことでw。



最後にお好みでいわし
最後にお好みでいわし
ひと通りが終わって最後にお好みでイワシを揚げてもらった。
いわし・・・というか、青魚の天婦羅って東京ではあまり見ないよね?
九州では多いのかな?

あと、心残りは品書きに「めし」があるのを見逃したこと。
ぜひ飯と一緒に食べたかったのと、かき揚げ的なものはできるのか聞き忘れたこと。
最後にかき揚げとご飯・・・やりたかったなー。


にほんブログ村 旅行ブログへ

もつ幸@祇園 ノエル兄貴からもつ鍋へという流れ

Noel Gallagher's High Flying Birds@ZeppFukuoka
今回の博多旅で一番の目的はノエル兄貴のライブを見ること。
で、行ってきましたNoel Gallagher's High Flying Birds@ZeppFukuokaに!
やー、よかったなー兄貴。。。
チケットは主催者先行で取ったにもかかわらず整理番号が1100番台後半という悪さで開演20分前にZepp入り。
入ったはいいが、ドリンク引き換えようとカウンターに並んだらビールの列が全然進まなくてハラハラしたりもしたけど、無事に希望通りの壁際に陣取って寄っ掛かりながらのんびりと楽しんだのであります。
おっさんはスタンディングのライブだと壁際じゃなくちゃ堪えるのw

全編にわたって本当によろしいライブだったね。
ノエル兄貴のソロは初めてでOasisってことだとHeathen Chemistryのときだから2002年以来だわ。
あれは代々木オリンピックプールだったっけね。

そーいえばあの時の(その前前年もw)福岡公演は弟が途中で歌うの辞めちゃってエスケープ事件を起こしているいわくつきの土地なんだよねw。
だもんで、オーディエンスから「福岡に来るのは13年ぶりだぜ!」なんて声がかかって
「ファッキン・マジかよ?!でも俺はちゃんと歌うからファッキン大丈夫だぜ!」
みたいなやりとりもあって微笑ましかったw。

さすがのメロディーメイカーであるノエルの才能が遺憾なく発揮されてるニューアルバムの曲も当然ものすごく楽しかったけど、Oasis時代の曲は初期の楽曲ばかりのチョイスでシャンペンもディグジーもえがったし、ドンルクを皆で大合唱して涙腺ゆるゆるになってマスタープランで再び崩壊。
わざわざ福岡くんだりまで行ってほんとによかった!!
最高でした!!






もつ幸店頭
もつ幸@祇園
さて、ライブが跳ねると同時に地下鉄の駅へ急ぎ、嫁さんと店頭で待ち合わせ。
昨年の初訪問以来、もつ鍋といえばココしかないってなったもつ幸へ急行すると、ボクが到着した夜9時頃の時点で6人待ち。
こちらのお店、予約は4人からの受付だから2人では予約できないんだよねー。
だから席が空くまで待つしかないワケ。
いやーココもまた人気店だね。




黒ラベルかんぱーい
黒ラベルかんぱーい
程なく席に通されまして。
前回は2階のお座敷駄たけど、今回は1階のテーブル席に。
まずは何はともあれ瓶ビールをお願いし、乾杯です。
喉カラカラだったから美味いのなんの。
で、ライブには行ってない嫁さんにこの夜のライブがいかに素晴らしかったかを熱く語り続けw、今回の東京ではなく福岡まで付き合わせたことへの感謝を繰り返し述べたのでありました。




お通しの手羽中
お通しの手羽中
今回もお通しはボクと嫁さん別々のものが出てきた。
どうやら皆そういう感じなのでそういうもんなのだろうw。
でも珍しいよね。



嫁さんのお通しはきんぴら
嫁さんのお通しはきんぴら
こっちはきんぴらだものw。




もつ幸のもつ鍋!
もつ幸のもつ鍋!
昨年以来、夢にまで見たこのもつ幸のもつ鍋!!
こちらの特徴は鶏ガラベースのスープで炊いて酢醤油につけていただくタイプのもつ鍋なのですよ、これが!
そしてこの象徴的な餃子の皮がねツルッと美味しいんだあ。。。


写真は2人前。
こちらのもつ鍋は店員さんが仕上げまでやってくれるからボクらは何もすることなく、ビールでもすすりながら出来上がりゆく鍋をうっとり見つめてればいいのだw。





もつ鍋完成
もつ鍋完成
ウヒョー出来たー!
見てみてこの麗しのビジュアル!!
もつは牛小腸をメインにセンマイ、ギアラ、ハツが入ってて、キャベツとニラとニンニクがたっぷり。





とりわけの図
早速とりわけます
前述の通り酢醤油でいただくのですが、この酢醤油はかなりマイルドな感じなのよ。
全然ツンツンしたところがなくってさ。
最初はそこに鍋から少量のスープを入れて伸ばすけど、食べ進むと野菜やそのスープで薄まってくから適宜酢醤油を足しながらいただくワケです。





生ビール追加
生ビール追加!
やー、美味い。
もつ鍋美味い。
気分もいいから最高ですわ。

とはいえ、この夜も梯子を予定しているからびんた(柔らかくした牛のほほ肉の炙り)もポンポン(牛の大動脈とニラを塩・コショウで炒めたもの)も水餃子も泣く泣く諦めて、ちゃんぽんにします。
次回は必ずサイドメニューも食べたいっ!




〆のちゃんぽん投入
〆のちゃんぽん投入
さ、〆の時間です。
このちゃんぽんがまたたまらんワケですよ。
残ったスープの中にちゃんぽん玉を入れて、下の動画のように煮詰めたところに白ゴマをたっぷり投入!





リフトアップ!
そいつをもつ鍋のエキスが染み出た酢醤油につけていただくワケですよ。
もう、恍惚ですよこれは。
経験したらもう夢に見ますよ。

そんな幸せな夜にはまだ続きがあるのです〜・・・


にほんブログ村 旅行ブログへ

うどん平@博多 博多うどんの超有名店で麺を連食!

肉ごぼう天うどん
一蘭でラーメンを食した後、天神界隈を散歩して腹ごなし。
途中には以前何度かお邪魔した鯖一枚焼きの真@天神の前を通りすがるとお昼時とはいえ十数人の行列!
さすが人気店だねぇと
感心しながらキャナルシティを突き抜け祇園方面へ。


1時間半ほど散歩して程なく到着。
もはや説明不要かとも思われるほど有名な「博多うどんの雄」とされるうどん平であります。
博多うどんって知名度は讃岐や稲庭、水沢なんかにずっと劣るし、大阪なんかの方がうどんのイメージあるかもしれんけど、実は博多ってうどん発祥の地なんだよ!
知らなかったけどw





うどん平店頭
到着時は1時を少し過ぎた頃で店頭の待ち人数は4〜5人ってところだったかな。
開店前やお昼のピーク時には長い行列ができるんだそうな。






店内
店内はカウンターの中がキッチンになってて次々とうどんが作られてる。
とっても忙しそうである。
うどんをすする皆さんの姿と、だしのいい香りと揚げ物の香りが混在してて食欲をそそるねぇ。

程なくボクらもテーブル席に着席。
もちろん相席だよ。




品書き
お品書きはご覧の通り。
札が裏返されてるところは既に品切れで「かしわ飯」と「海老天」。
あー、海老天食べたかったなー。




肉ごぼう天うどん縦
肉ごぼううどん(530円)
僕の注文はこれ。
ごぼうの天ぷらうどんに肉のトッピングっていうコトね。
いりこやあごと昆布でとった優しいだしは二日酔いの胃袋にじんわりと滲みるわ〜。
まずは揚げたてでさっくりとした食感が残るうちにごぼう天をかじる。
そして、その優しいだしをごぼう天の衣に染み込ませてしっとり美味しく食べる。
いいな〜、博多うどん。




ゆずごしょう
卓上の薬味は一味唐辛子とゆずごしょうがある。
そりゃ、九州で薬味といえばやっぱりゆずごしょう。
そのゆずごしょうちゃんをちょっと投入するってーと、鮮烈な唐辛子とゆずの香りがパンチを効かせてこれもまた素晴らしいんだよねえ。





リフトアップ
そしてなんといってもこのうどんの特徴といえばそのコシのなさに尽きるのよ!
やわやわなのですよ!!
噛み切るときの歯にかかる讃岐うどん的な「あの抵抗感」を期待して啜るとそれは大いに裏切られる。
このやわやわな麺こそが博多うどんのアイデンティティなんだよな。

はー、おいしかった。
今度こっちに遊びに来るときは孤独のグルメに出てきた「うどんみやけ」に行ってみたいね。

ごちそうさまでした!!


にほんブログ村 旅行ブログへ

このカテゴリーに該当する記事はありません。